アトリエ詳細

アトリエは、三岸節子がフランスへ行ってから、1969年から私達が引き継ぎました。
母の機織り、ミシン部屋などに使っていましたが、住んでないので物置に近い状態でした。
中野区から委託され伝統技法研究会の建築家が調査に来たのが、2011年、「なかのの建物たち」に
掲載され、知られるようになりました。長いこと借地だったのでそのままの状態で残していました。

IMG_0717

タイトルとURLをコピーしました